MENU

クレジットカードのキャッシング枠は、気軽に使えて、キャッシング会社を利用する時のように本人確認書類を送って申込書を書いて……というめんどうなことをしなくて済むため、生活する上でよく利用している、という人も多いかもしれません。
ただし、いくつか気を付けなくてはならない留意点が存在するようです。

 

●キャッシング枠の大きさ

生活していく上で、よくキャッシング枠を利用している人がやりがちなのが、『キャッシング枠の増額』です。
クレジットカードを初めて作った時には10万円までの利用限度額を与えられていたけれど、10万円じゃ足りなくなってしまったら、きっとキャッシング枠を増額してほしいとクレジットカード会社に申し入れする人が多いと思います。
審査はあるものの、カードを作って半年くらい経っており、なおかつ順調に借りたものは返済している・収入面も信用度も高く評価ができる……となればクレジットカード会社は快くキャッシング枠の増額をおこなってくれるでしょう(カード会社によっては増額申請を受け付けないところもあります)。
しかし、あまりにキャッシング枠を大きくしすぎると一つの弊害が出て来ます。新たなローンの審査に関してです。
キャッシング枠は、もしもその枠いっぱいで借入をおこなっていなかったとしても、限度額までまるっと『借入している状態』と見なされます。
ですから、もしキャッシング枠限度額が年収の30%を占めている場合、総量規制により、新たなローンの審査が通らなくなってしまう可能性が高いのです。

●キャッシング枠の不正利用

クレジットカード会社によっては、キャッシング枠がもしも不正利用されたとしても、それを補償するようなシステムが整っていないところがあるようです。