MENU

今回は銀行・信用金庫・消費者金融・信販会社などでキャッシングやローンをお願いすると、日常生活に影響を及ぼしたりすると思いますか?

 

きちんと支払っていればキャッシングやローンをしたことによって、それが日常生活に影響を及ぼすことはないと思っていいでしょう。
しかし、借りたお金の返済が遅れた場合は話が違ってきます。

 

まず、あまりに返済が遅れたり複数回返済の遅延が生じてしまったら個人信用情報機関にその情報が行ってしまいます。
個人信用情報というのは、キャッシングやローンを新しく借り入れる時、貸し出しをおこなう業者が『個人の信用できるレベル』を知るために調査する情報です。
そこに登録されている情報は、なんとうキャッシング会社や銀行から借入をおこなったか。いつ借入をおこなったか。借入残高はいくらか。延滞したことはないか。など詳細な情報が載っています。ちなみに、実際に借り入れた会社だけが載っているわけではなく、申し込みをした会社などもデータとして残っているようです。
ですから、悪い情報が登録されてしまうとのちのち他の借入をする時などに不利となってしまいます。
住宅ローンや車ローンが通らなくなる可能性も出て来てしまうので、日常生活に多大な影響を及ぼしてしまう可能性があるかもしれません。

 

その他にも、督促の電話や手紙が自宅に来てしまう可能性があります。家族に内緒でキャッシング・ローンをしている人にとっては生活に大きな影響を与えるでしょう。どんなに取り繕ったとしても、内緒にしていたことにはかわりありません。
家族の怒りを買ってしまい、口も聞いてもらえない……。そんな状況になってしまうかもしれません。